ケガをした場合

ケガをした場合の処置について。打撲や捻挫などのケガの処置方法を神戸市長田区の永田診療所が解説します。


打撲や捻挫などの外傷の応急処置

打撲や捻挫をした時、激しい痛みや腫れがある場合は脱臼や骨折との区別が難しいので、まず応急処置が必要です。
応急処置とはケガが起こった時に、病院や診療所にかかるまでの間、ケガの障害を最小限にとどめるために行う方法を言います。
応急処置の基本はRlCE処置というものがあります。RlCEとは、安静(rest)、冷却(ice)、圧迫(compression)、挙上(elevation)の四つの処置の頭文字を並べたものです。この処置は腕や足の打撲、捻挫、肉離れなどのケガでおこないます。

1.安静(Rest)

傷ロやケガの部位がはれたり、ケガがひろがったりしないようにするために動かさないようにして下さい。副子固定(添え木)やテーピングにて傷ロやケガのところを固定します。

2.冷却(lce)

ビニール袋やアイスバックに氷を入れて、患部を冷却します。15~20分冷却したら(患部の感覚が無くなったら)はずし、また痛みが出てきたら冷やします。これを繰り返します。なるべく直接氷を患部にあてずに、氷の入ったビニール袋をタオルでくるんでください。

3.庄迫(Compression)

患部の内出血や「はれ」のひろがりを防ぐことが目的です。テーピングテープや弾性包帯で軽く圧迫気味に固定します。圧迫後は時々指先などをつまんで感覚や皮膚・爪の色をチェックしてください。

4.挙上(Elevation)

ケガによる「はれ」をおさえることが目的です。傷ロやケガを心臓より高く挙げるようにします。
以上の処置を行い、速やかに病院を受診してください。整復操作(変形をもとに戻す操作)は早ければ早いほどよいのですが、素人が整復しようとするのは危険です。